アメリカコインの種類や価値を徹底解説!買取はどこでできる?

アメリカコイン_種類価値

アメリカコインってどんな種類があるんだろう、、、
アメリカコインの買取方法ってどうやるの?

そのようなお悩みをお抱えの方いらっしゃると思います。

アメリカコインはアンティークコイン の中でも非常に人気なコインの1種類です。

アンティークコインは一般的に100年以上前に製造されたコインとされ、数は減っていくことはあっても、増えることはありません。

そのため、アンティークコインの価値は年々右肩上がりで推移しています。

最近では、コインコレクターだけではなく、資産家や投資家も資産保全先ではなく、資産運用先としてアンティークコインに注目しています。

今回はそんなアンティークコインの1種である、アメリカコインの種類や歴史、人気のコインや価値の高いレアコイン、さらにアンティークコイン の価格や相場の決まり方まで徹底的に解説していきます。

アメリカコインまとめ
  • アメリカコインは世界中から人気を集めるコインの1つ!
  • アメリカコインで有名なのは「50州25セント硬貨」や「大統領1ドル硬貨」!
  • アメリカコインで非常に人気で価値が高いのは「ファーストレディ10ドル金貨」や「セントゴーデンス金貨」!
  • アメリカコインを初めて購入する方はアンティークコイン専門店で購入するのがおすすめ!
  • 日本の専門店なら野口コインやコインパレスなどが人気で信頼のできる会社!
アンティークコインとはサムネイル アンティークコインとは?必ず抑えたい7つの知識を解説【価値・種類・売り方】

人気アメリカコインの種類や歴史を解説!

アメリカコイン_種類歴史

まずは、人気のあるアメリカコインの種類や歴史について詳しく解説していきます。

アメリカコインの中でも特に高い人気を集めているのは以下のコインです。

人気のアメリカコイン一覧
  • リバティコイン
  • 50州25セント硬貨
  • 大統領1ドル硬貨

それではそれぞれのコインについて詳しく見ていきましょう。

リバティコイン

リバティコインとは「自由の女神」が描かれているコインのことを指します。

リバティコインは複数種類存在しており、以下の種類のものがあります。

リバティコインの種類
  • 1ドル硬貨
  • 50セント硬貨
  • 25セント硬貨
  • 10セント硬貨
  • 5セント硬貨

リバティコインの中でもアンティークコインとして特に価値がついているのは1849年-1907年に製造されていたリバティ金貨のことを指します。

この1849年-1907年に製造されたリバティ金貨は発行枚数が非常に少ないため、希少性が高い故にプレミア価値がついています。

この年代の中でもさらに希少性が高いのは1882年に発行されたリバティ金貨です。

1882年に発行されたリバティ金貨はたったの571枚のみとなっているため、希少性が高く、買取価格もかなり高くなっています。

50州25セント硬貨

50州25セント硬貨はアメリカの50の州をテーマとして製造された記念コインです。

この50州25セント硬貨はかなりの量の枚数発行されており、アメリカだと普通の会計のお釣りに混ざっているということもあるようです。

50州25セントコインは発行枚数が多いため、安いコインで500円程度で購入することができます。

このコインは種類が多いのでそれぞれの州によってコインの価値は変わります。

そのため、もし自分がお持ちで価値が気になるようでしたら専門店などで査定してもらうことをおすすめします。

また、この50州25セントコインは記念コインとして非常にポピュラーなもののため、コレクターは50種全種をプレゼントしたりするのが一般的なようです。

大統領1ドル硬貨

大統領1ドル硬貨は2005年の議会制定法が制定されたことがきっかけとなり、大統領1ドル硬貨プロジェクトというものが始まったことから製造が開始されました。

この大統領1ドル硬貨は2007年から2016年までと10年間にかけて毎年4人ずつ就任した順番で発行されました。

この大統領1ドル硬貨に使われている素材は銅やニッケル、亜鉛のため、地金型通貨に比べて素材としての価値が下がっており、買取平均的な相場は約500円程度と言われています。

アメリカコインで最も人気のコインは?価格の高いレアコインはどれ?

アメリカコイン_人気で価値が高いのは?

上の章では一般的な記念コインとして人気のコインを解説してきました。

この章では記念コインだけではなく、高価なコインを集めている方や欲しい方向けに、アメリカの人気コイン(金貨)について詳しく解説していきます。

今回ご紹介する金貨はどれも未使用品級のものなら10万円以上の価値がつくであろうレアコインです!

アメリカの人気高価レアコイン
  • ファーストレディの10ドル金貨
  • セントゴーデンス金貨

ファーストレディの10ドル金貨

ファーストレディの10ドル金貨はアメリカコインの中でコレクターに非常に人気のコインの1枚です。

ファーストレディ10ドル金貨は大統領をそばで支えていたファーストレディたちの功績を称えて発行された金貨です。

発行枚数が3655枚から2万枚なので、希少性もかなり高い部類に属します。

相場では非常に価値が高い金貨とみなされており、10万円から50万円の間の価値になるケースが多いようです。

セントゴーデンス金貨

セントゴーデンス金貨は約100年前にオーガスタスセントゴーンデンスという彫刻家がデザインし、1907年から1933年までの間で製造された金貨です。

このセントゴーデンス金貨は発行から100年以上経過した現在、人気かつレアなコインとして収集家から人気を集めています。

その人気の理由は「コインの美しさ」と「希少性」です。

セントゴーデンス金貨はアメリカで最も美しいコインと呼ばれています。

また、希少性も非常に高く、特に1907年に発行されたものは発行枚数22枚と非常に貴重な金貨となっています。

アメリカコインの2つの買取方法

アメリカコイン_買い方・購入方法

ここまでで、アメリカコインの種類や歴史、人気のコインなどについて解説してきました。

この章では実際にアメリカコインを購入したいと考えている人向けにアメリカコインの買取方法を解説していきます。

アメリカコインの買い方はざっくりとわけて2種類です。

アメリカコインの買い方・購入方法
  • 専門店で購入する
  • オークションで購入する

アメリカコインの買取方法: 専門店で購入する

アンティークコインなどのコインコレクター初心者の方におすすめの購入方法が専門店で購入するという方法です。

専門店というのは、金や銀を扱っている金販売店ではなく、アンティークコイン・金貨専門店のことを指します。

アンティークコインのコレクターは世界中に存在しており、当然日本にもアンティークコイン専門店は存在します。

初めて購入する人は専門店で購入するから手数料分割高になるので、嫌だという方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、初心者の方が一番恐るべきなのは「偽物をつかまされること」・「相場よりも以上に高い値段で購入すること」です。

専門店で購入すれば、しっかりとプロの目を通して鑑定した鑑定済み商品を選んで購入することができるので、最も安心して購入することができます。

アンティークコインや金貨の価値の鑑定は初心者には非常に難しいため、少しでも不安を抱えている方は専門店を通して購入しましょう。

日本でおすすめのアンティークコイン は「コインパレス」「野口コイン」などが有名どころとして挙げられます。

それぞれ以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は是非ご覧ください。

コインパレス評判・口コミ コインパレスの評判・口コミって実際どう?特徴やメリット・デメリットを徹底解説! 野口コイン評判サムネイル 野口コインの評判・口コミって実際どう?偽物はない?買取はどうなのか徹底検証!

アンティークコインの価格や相場はどうやって決まるの?

アンティークコインの価格・相場の決まり方

アメリカコインの価格や相場ってどうやって決まってるんだろう?
アンティークコインの相場ってわかりづらいなぁ

アメリカコインを始めとしたアンティークコインには基本的に相場が存在します。

しかし、アンティークコインにはインターネット上にまだまだ情報量が豊富とは言えない状態で、相場の動きや価格の決まり方がわからないという方も多いと思います。

この章ではアメリカコインを始めとしたアンティークコイン の相場の決まり方について解説していきます。

アンティークコインの価格や相場が決まる要因は以下の3つです。

アンティークコインの価格・相場の決まり方
  • 発行された年代と発行枚数
  • 鑑定の有無
  • コインの状態

アンティークコインの価格の決まり方: 発行年代と発行枚数

アンティークコインの価格や相場の決まり方として最もベースにあるのが発行年代と発行枚数です。

例えば、世界中から多くの人気を集めているコインとしてイギリスコインが挙げられます。

このイギリスコインの中でも特に人気があり、相場が高いコインが1839年に発行された「ウナとライオン5ポンド金貨」です。

このウナとライオン金貨は世界で最も美しいコインと呼ばれていることに加え、発行されたのがわずか400枚ということもあり、世界中のコレクターから人気を集めています。

このウナとライオン金貨は10年間で相場が10倍近く跳ね上がっています。

また、一方で同様に1937年とウナとライオン金貨の約100年後に発行された「ジョージ6世5ポンド金貨」も価格を上昇してきています。

しかし、このジョージ6世5ポンド金貨はウナとライオンの発行枚数400枚に対して、10倍以上である5500枚もの枚数が発行されています。

そのため、市場に出回る流通量は少なくはなく、ウナとライオンに比べるとだいぶ穏やかな価格の上昇率のようです。

アンティークコインの価格の決まり方: 鑑定の有無

アンティークコインには国際的な鑑定機関であるPCGSとNGCというものが存在します。

PCGS・NGCとは?

アンティークコインの本物と偽物という真偽や品質を鑑定するグレーディング機関。

グレーディングを行う期間の中でも、PCGSとNGCは世界的に評価・信頼をされている第三者機関です。

このPCGSとNGCの鑑定したという認定があるコインは品質がしっかりと保証されているということが簡単にわかるため、相場や価格が上がりやすい傾向があります。

アンティークコインの価格の決まり方: コインの状態

アンティークコインは一般的に骨董品に分類されます。

そのため、他の骨董品と同様にアンティークコインもコインの状態は価格を決定づける要因の1つです。

日本においてアンティークコインの状態は「未使用品」「準未使用品」「極美品」「美品」「並品」に分類されます。

このランクが未使用に近ければ近いほどコインの価格は上昇しています。

アンティークコインの相場の決まり方についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

アンティークコイン_価値_キャッチ アンティークコインの価値や相場はいくら?投資目線の資産価値とレアリティの意味

アメリカコインまとめ

アメリカコイン_まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はアメリカコインについて種類や歴史、人気コインの価値やアンティークコインの相場の決まり方まで詳しく解説してきました。

アンティークコイン は現在コインコレクターだけではなく、資産家や投資家の資産運用手段としても非常に人気を高めています。

アンティークコインに少しでも興味をもったら専門店などで実際に相談してみることをおすすめします。

それでは全体のまとめをしていきます。

アメリカコインまとめ
  • アメリカコインは世界中から人気を集めるコインの1つ!
  • アメリカコインで有名なのは「50州25セント硬貨」や「大統領1ドル硬貨」!
  • アメリカコインで非常に人気で価値が高いのは「ファーストレディ10ドル金貨」や「セントゴーデンス金貨」!
  • アメリカコインを初めて購入する方はアンティークコイン専門店で購入するのがおすすめ!
  • 日本の専門店なら野口コインやコインパレスなどが人気で信頼のできる会社!