【初心者向け】アンティークコインの基礎知識を覚えて資産を安全に増やす

初心者向けアンティークコインの基礎知識を紹介

投資と聞くと、皆さん何を思い浮かべますか?
多くの人が思い浮かべるものが、FXや株、不動産に仮想通貨といったものだと思います。

しかしそれらは、天災や恐慌によって大きく変動するものであり、実は投資というよりも投機の要素が強いものになっています。

そこで登場するのがアンティークコイン

一部のユーザーからは、実物資産として絶大な支持を得ています。

今日は、そんなアンティークコインの基礎知識を紹介していきますので、しっかりと覚えて安全にアンティークコイン投資を楽しみましょう。

アンティークコインって何?

アンティークコインとは何か

そもそもアンティークコインとは、どういったものを指すのでしょうか?

アンティークコインとはざっくり言うと、比較的昔に製造された硬貨のことです。

基準は人によって違いますが、本記事ではアンティークコインの定義を下記の通りにします。

アンティークコインって何?
アンティークコインとは、100年以上前、もしくは第二次世界大戦前に作られた硬貨の総称

日本で言うと、大正時代以前に作られた硬貨であれば、アンティークコインになります。

これを読んでいるあなたのご自宅にも、大正時代以前に使用された硬貨が眠っているかもしれません。心当たりがある方は、今すぐご確認を!笑

アンティークコインは、新しく製造されないからこそ希少性があり、
人々が求めるのです。

そしてコイン自体の価格が上昇するといった仕組みになっています。

アンティークコインは、全く同じものは1枚もなく、それぞれ状態や製造年数によってクラスがつけられて値段が異なってきます。
そのクラスや、値段を決めているのが、NGCやPCGSといった鑑定会社になります。

アンティークコインのクラスの詳細や、鑑定会社について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

アンティークコインの特徴

アンティークコインの特徴

アンティークコインとは何かはもう理解できましたでしょうか?

ここからは、アンティークコインの特徴を紹介します。

全ての特徴を知った時には、もう既にあなたはアンティークコインの虜になっていることでしょう。

アンティークコインの特徴
  1. 簡単に始めることが出来る
  2. 管理がしやすく、希少性がある
  3. 金融危機に強い (インフレに強い)
  4. 税金や維持費が安い

それでは1つ1つの特徴を細かく見ていきましょう。

【アンティークコインの特徴①】簡単に始めることが出来る

アンティークコインは実物資産です。

種別を、問わなければ、始めようと思ったその日に、購入することが出来ます。

購入方法の前に、アンティークコインを初めて購入する方に伝えたいことがあります。

それは、

「最初の1枚は、投資目的として買うのではく、自分が好きになったコインを購入すること」です。

実際に店頭へ足を運び、アンティークコインを手に取って確認してみましょう。

「好きこそ物の上手なれ」と言うことわざがあるように、好きになったほうが知識もすんなりと入ってきますし、アンティークコインに関する勉強が楽しくなること間違いなしです。

イギリスブリタニア金貨
イギリスブリタニア銀貨

アンティークコインの購入方法

アンティークコインを購入する

それでは購入方法を紹介していきます。

購入方法は、2つあります。

アンティークコインの購入方法
  1. ダルマ銀座コインといった専門店での購入
  2. アンティークコインのオークションに参加する
ダルマや銀座コインは、長年の実績を持つコインの専門店です。

店頭で購入すると、正しい価格でアンティークコインを購入出来るだけでなく、
アンティークコインの知見を持ったお店の方から、アンティークコインに関する知識を教えてもらったり、アドバイスを頂くことも出来ます。

アンティークコイン取扱店一覧

2つ目の購入方法である、オークションに参加してアンティークコインを購入する方法ですが、初心者にはあまりオススメできない方法になります。

なぜなら、オークションにはコイン商などのプロが多数参加しているため、雰囲気に飲まれてしまうことがあるからです。

オークションに参加して、アンティークコインを購入するのは、十二分に知識を身に付けてからにしましょう。

アンティークコインを売る方法

アンティークコインを売る方法

購入したアンティークコインは、いつか手放す時がやって来ると思います。
長年保有していると、愛着が湧いてくるものです。少しでも高く、そして心地よく売却出来るようにしっかりと知識をつけましょう。

売却方法は、前項で説明した購入方法と似ています。

アンティークコインを売却する方法
  1. ダルマ銀座コインといった専門店での売却
  2. 国内外のオークションに出品する

1つ目の方法は、アンティークコイン取扱店で売却する方法です。
ダルマや銀座コインといった老舗の専門店には、正しい鑑定眼を持った専門家が、必ずいます。
専門家に見てもらうことで、適正価格で買い取ってもらうことが出来ます。

しかし、街中にはアンティークコインに知見を持った人がいないものの、買取を行っているお店もあるようです。

実際に私の知り合いが、アンティークコインを売却する際、1番最初にある程度の値段を知りたく、家の近くの貴金属買取ショップに行ったそうです。

すると、相場よりもかなり安い料金を提示されたというのです。
私の知り合いはアンティークコインを初めて歴が長かったため、すぐ異変に気付き、店を出たそうです。

これがまだアンティークコインを初めたての人でも、気付くことは出来るのでしょうか?
複数店舗に行く予定なら、気付くことはできるかもしれませんが、1店舗に決めてしまっていたら、まず難しいでしょう。

アンティークコインを店舗で売却する際は、付き合いが長く信頼のおけるショップ、知見を持った専門家が在籍しているショップで売却することが大切です。

2つ目の方法が、国内外のオークションに出品する方法です。

この方法は、オークション会社にアンティークコインを持ち込み、オークションに出品してもらう形になります。

持ち込みをしてから、オークションで落札されて、自分の口座に入金されるまで、短くて3か月、一般的には半年かかります。
そのため、時間とお金に余裕がある人でないと、中々難しい方法になります。

それでも、オークションには、多くのアンティークコイン収集家が集まるため、適正価格で売却出来るという安心感はあります。

【アンティークコインの特徴②】管理が簡単で希少性が高い

アンティークコインは天災や紛失によって減ることはあっても、増えることはありません。過去に作られた硬貨が、現代に改めて鋳造されるということはないのです。 

その希少性に、人気という需要が加わることで価値が上昇します。
アンティークコインは、発行枚数よりも現存枚数が大切なのです。

アンティークコインは、彫刻や絵画のように管理が難しいということはありません。

アンティークコインの価値を下げないために、管理をしっかりとすることは勿論ですが、
数百年から伝わる由緒正しき物を後世に残すこともまた、アンティークコイン収集家の使命であると私は考えています。

正しい管理方法を身に付けて、アンティークコインの状態を良好に保ちましょう。

アンティークコインの保管方法は2つあります。

アンティークコインの保管方法
  1. スラブ型コインケースで保管する
  2. コイン型ケースで保管する

アンティークコインの保管方法スラブ型コインケース

スラブ型コインケースの特徴は、ケース内に台紙を入れることが出来るので、
アンティークコインの管理が楽になることです。

枚数が増えてきたときに、情報が一目瞭然なのでオススメの保管方法です。

コインカプセルで保管する

コインカプセルの特徴は、アクリル製のため作りが頑丈な所です。

コインカプセルを使用する際に注意しておかなければならないのが、ライトハウス社製以外の物は質の保証ができない。という点です。

コインカプセルは安価の物も売っています。安価の物は、質が悪くしっかりとロックできなかったり、割れやすかったりと様々な問題が発生しやすいです。

安物買いの銭失いにならないようにしましょう。

アンティークコインは、酸素に触れると、表面が酸化して錆びやすいです。

極力、湿度の低い場所に保管することをおすすめします。

余裕がある方は、除湿剤を購入して、保管場所に置いておくと良いでしょう。

また、指紋が付いたからといって磨いてはいけません。
アンティークコインを磨いてしまうと、磨きありという判定になり価値が下がってしまいます。

アンティークコインを保管する際の注意点
  • 指紋がついても、布などで磨かない
  • 出来るだけ湿度の低い場所で保管をする

【アンティークコインの特徴③】金融危機の影響を受けにくい

アンティークコインの3つ目の特徴として、金融危機の影響を受けにくいという点があります。

金融危機とは、ブラックマンデーやオイルショック、世界恐慌のことを言います。

経済は、長い目で見れば元に戻りますが、良い時もあれば悪い時もあります。FXや株、不動産といったものは金融危機の影響をもろに受けます。

つまりFXや株、不動産は値動きが激しいということです。自分の保有している資産の価値が大きく下がると、人は不安になってしまい、安価で手放すことになってしまいます。

価値の下がり続ける物を持ち続けることは、勇気がいりますし、資産にも余裕がないと中々できないことです。

そんな不安を軽減してくれるのが、アンティークコイン

下の写真は、Stanley Gibbons社によるイギリスのレアコイン指数GB200のグラフです。

リーマンショックが起きた年は2008年です。

写真内のグラフを見ると、相場は下がっていないことが確認出来ます。

イギリスのレアコイン指数

引用元:https://subscriptions.stanleygibbons.com/stanleygibbons/view/content/coin_index_pr

【アンティークコインの特徴④】税金や維持費が安い

アンティークコインの3つ目の特徴は、税金や維持費がかからないことです。
近年クラシックカーの値上がりが激しく、人気を集めていますが、クラシックカーは、置き場や税金などコストが非常にかかります。

金や不動産を取ってみても、売却時に支払調書が必要だったり、登記が必要だったりします。

それに比べ、アンティークコインは、登記や支払調書は必要ありません。
かかってくる税金は、長期譲渡所得というもので、計算方法は、

アンティークコイン税金の計算方法
  1. 購入してから5年以内に売る場合
    短期譲渡所得の金額=売却価格-(購入代金+譲渡費用)-50万円
  2. 購入してから5年を越えて売却する場合
    長期譲渡所得の金額=売却価格-(購入代金+譲渡費用)-50万円×1/2

上記の譲渡所得の金額を給与所得等の総合課税と合算して、確定申告をします。

例として、7年前に100万円で購入したアンティークコインを300万円で売却したとします。その際の計算式は以下のようになります。

7年間は、長期譲渡所得になるので、

(300万円-100万円-50万円)×1/2=75万円

この75万円に対して、給与所得などの他の所得と合わせて、住民税や所得税が課税されます。

アンティークコインを購入する際の注意点
アンティークコインを売却する際に、購入した金額が証明できる物がないと、
購入金額は売却価格の5%ということになってしまいます。
購入した際の、領収書はなくさないように保管しましょう。

アンティークコインのよくある質問

A.キャリアのある鑑定家が在籍している、ダルマ銀座コインがおすすめです。
A.指紋がつくと、油によって酸化して錆びてしまう原因となります。次から、裸のアンティークコインを扱うときは、手袋を着用するようにしましょう。指紋がついたからといって、布などで、磨くのは厳禁です。
A.最初のうちは、面倒くさいと感じるかもしれませんが、店頭に足を運ぶことをおすすめします。近年、偽造コインが増加傾向にあるからです。
知識がつくまでは、アンティークコインを実際に見て、偽物と本物の区別がつくようになってきたらネットで購入しても良いのではないでしょうか。
A.ダルマや銀座コインといった、老舗のアンティークコイン取扱店に持ち込むと査定してもらうことが出来ます。場合によっては予約が必要になるので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。街中の買取ショップに持ち込む場合は1店舗ではなく、必ず複数店舗に行き、相見積もりを取るようにしましょう。

まとめ

現在、資産家の中で話題になっているアンティークコイン
いかがでしょうか?数百年前の物が、今もこうして手に入るなんて、非常に感慨深いことだと思います。
アンティークコインを好きになって、ご自身の資産を手堅く増やしていきましょう。